グリーティングカードの書き方

グリーティングカードとは、つまり挨拶状です。そして、グリーティングカードには、バースデーカードやクリスマスの挨拶をはじめとして様々なカードがあります。なお、グリーティングカードの書き方にこれと言った決まりはありません。

お見舞いカードもありますし、色々な場面に向いているグリーティングカードがありますから、文房具屋さんなどでグリーティングカードを見てみましょう。

誕生日おめでとうなど、既に目的が印刷されているグリーティングカードには、心を込めてメッセージを書きますが、これは少し長めの文章が良いでしょう。そのほうが受け取った人には嬉しいカードになります。

自分で最初からグリーティングカードを書く場合には、それがどのような場面なのかによりますが、例えば知人の結婚を間接的に知ったのでカードを書くのであれば、御結婚おめでとうございます、などと大きく書いて、お祝いの言葉を添えれば良いでしょう。

このような方法で、グリーティングカードはどのようにでも書くことができますから、いわば形式的な日本の年賀状に暖かい真心を込めるようなものです。そして、もし描けるのであればイラストを描き加えると、受け取った人は嬉しいものです。

また、グリーティングカードは日本のように年賀状や暑中見舞いがない国での年賀状や暑中見舞いでもあります。グリーティングカードで新年のご挨拶などを送ればそれを受け取った人にはそのグリーティングカードは大切なものになるでしょう。また、グリーティングカードは贈り物などに添えても構いません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190343239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。