結婚式の招待状と返信の書き方

結婚式の招待状と返信の書き方では、招待状の文面は典型的な例を参考にしましょう。いつ、どこで、誰が、どのような結婚式を行うかを明記するようにしますが、絶対に間違いの無いように、送る相手の人に失礼ならないようにしてください。

そして、結婚式はお祝い事ですから、それが終らない意味で招待状の文章では「、」、「。」などの句読点は使わないで、段落の行頭を空けないのが決まりです。また、忌み言葉である、切れる、とか、去る、などの言葉は使いませんし、再婚のような繰り返しを意味する、重ね重ね、再び、なども使わないようにしましょう。

発送年月日は、発送日ではなく、吉日としますが、返信ハガキの整理をする都合がありますから返信期限は明記することです。返信期限は挙式の1ヶ月ほど前の大安が良いでしょう。なお、本文以外の会場案内や時間等に関する文章やお願い事などを書く場合には句読点を使用しても構いません。

一方で、招待状を受け取った側は出来るだけ早めに返信を出すことが礼儀です。返信ハガキにお祝いの言葉を添えると受け取った側は嬉しいものです。

宛名の○○行、○○宛の、行や宛を二重線で消して、その次に、様と書きます。出席する場合は、御出席の御と御欠席を二重線で消して、出席を○で囲みます。欠席の場合は、御欠席の御と御出席を二重線で消して、欠席を○で囲み、住所や電話、氏名についている御も全て二重線で消します。そして、招待へのお礼お祝いの言葉と欠席の理由を簡単で構いませんから書きましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190178608
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。