退職願いの書き方

退職願いの書き方はそれほど難しいものではありません。そして、ある面では退職届と共通点があります。

もし、その会社に退職願の書式がある場合はその会社指定の様式に従います。封筒は白地のものにして、表書きに退職願と書きます。自筆で手書きをしますが、筆ペンなどではなく黒のボールペンか万年筆が良いでしょう。サインペンでも構いません。

宛名は、会社名と会社の代表者である社長で、敬称は、○○殿、です。書き出しは行の最後から始めて、私事、私儀などにします。そして、退職理由は、一身上の都合、として理由は不要です。なお、退職日は上司と相談して決めた日付を書くようにして、 届け日は提出する日付を書きます。あくまでも提出日を書くようにしてください。

自分の部署名や氏名は、宛名より下の段になるように書き、捺印しますが、この時には三文判などは使わないようにしてください。

こうしてみると退職願いの書き方は退職届と近似していることに気がつくでしょう。退職届が頑として退職しますと、はっきり自分の意思表示をするのに対して、退職願いは退職したいということですから、それを受け取った社長は、もしその人に辞められては困ると思えば、慰留するためにその理由を個別に聞くかも知れません。

また、社長や上司が慰留に努めて給料のアップや仕事内容を変更したりする場合があるかも知れません。しかし、退職届と退職願いはそれこそ紙一重の差なのですから、退職届を書くような気持で書くようにしたほうが良いのではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189868683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。