研修レポートの書き方

研修レポートは会社の研修に参加した後で提出する報告書だと考えましょう。いきなりの研修レポートの作成は新入社員には難しいかも知れませんが、原則は分かり易い文章を書くことです。

また、研修レポートは必ずデータで裏付けされたものであることが重要です。そして、研修レポートには通常の場合、何日以内に報告せよという定めがあります。ですから提出期限は厳守です。期日を過ぎた研修レポートは受け取ってもらえないと思いましょう。

研修レポートの書き方のポイントは、大概の会社には書式の雛形やフォーマットがあります。そして、内容が複雑な場合は図やグラフを使用しても構いません。

研修レポートでは主語と述語をはっきりさせて文章は短くまとめることが大切になります。
なお、研修レポートと報・連・相は密接な関係があることを念頭に置いて書くようにしましょう。すなわち、研修に関連する報告(報)連絡(連)相談(相)です。研修の状況を報告して、そこに連絡事項があれば書き、質問したい疑問点があれば相談しましょう。

また、文章は見落としや考え違いがあっても書いた本人は気がかないものですから、提出前には十分に読み返して修正しましょう。そして、上司への報告の基本は結論から話すこと、及び簡潔明瞭であることです。この種のレポートや報告書について言えることは、原則として結論を先に出すことと、簡潔にしてかつ明瞭で読みやすい文章を書くことだと憶えておいてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189710390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。