貸借対照表の書き方

貸借対照表の書き方は青色申告決算書で必要になりますね。ここでは青色申告決算書の貸借対照表の書き方を説明しますが、貸借対照表は確定申告をする会計期間の期首(1月1日)の残高と期末(12月31日)の残高を書き入れたものです。

損益計算書は売上と経費科目の金額を書き入れたものですが、貸借対照表は資産・負債・資本科目の残高を記入します。

貸借対照表には、まず1月1日(期首)の各勘定科目の残高をすべて書き出します。次に12月31日(期末)時点での貸借対照表の勘定科目残高をすべて書き入れます。ですから、当然のことですが、元入金の期首と期末の金額は同じ金額にならなければなりません。青色申告特別控除前の所得金額には売上から経費を引いた利益金額を書きます。

ここで、元入金は期首の資産の総額から期首の負債を差し引いた総額でないと、貸方と借方の総額が一致しないことになってしまいますから、この点に注意しましょう。期首も期末も、資産の合計と負債の合計は一致しなければなりません。最後に借方(資産の部)と貸方(負債・資本の部)の合計金額が一致するか確かめます。因みに、簿記での貸方と借方の基本的概念を以下に示します。

企業の財産状態に変化が生じた時、借方(左側)は資産の増加または負債の減少、純資産の減少および費用の発生を示します。一方で、貸方(右側)は資産の減少または負債の増加、純資産の増加および収益の発生を示します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。