htmlの書き方

パソコンでhtmlの書き方の書き方を試してみましょう。そうすれば自分のホームページを作ることが出来ます。

まず、メモ帳のテキストエディタを開きますが、Windowsでのメモ帳の開き方は、スタート→ すべてのプログラム → アクセサリ →メモ帳です。

そのメモ帳にhtmlを書き込のですが、このための文章はあらかじめワード形式で用意しておいて、それをコピー&ペーストの要領でメモ帳に貼り付けます。

こうしてメモ帳に文章を書き込んでから保存しますが、これはメニューのファイル → 名前を付けて保存をクリックします。

そして、保存するという画面が出たら、ファイルの種類の右の矢印ボタンを押してすべてのファイルを選びます。これをしないとhtmlとして保存できません。

それからファイル名ですが、ファイル名は半角英数字で書き、スペースを入れずに必ず最後に.htmlをつけます。ファイル名は例えばwatashi.htmlのようなものです。そして、サイトのトップページは、必ずindex.htmlという名前にします。さて、このhtmlをデスクトップなどに保存してからメモ帳を一旦閉じます。

今度は、デスクトップなどに保存したファイル名をダブルクリックして、保存されているかどうかを確認してください。同じものが表示されればそのhtmlは保存されています。

なお、ファイルをダブルクリックしてページを表示させてから、メニューの表示 → ソースをクリックします。そうするとさっき書いたhtmlが表示されますから、ここでその内容を変更することが出来ます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。