プレスリリースの書き方

プレスリリースの書き方の前にプレスリリースを出す目的を把握するようにしましょう。プレスリリースを書くのは、その内容について新聞社などに興味や関心を持ってもらい、記事として取り上げてもらうためです。

ですから、記者が記事を書くための参考になれば、そのプレスリリースは役目を果たしているのです。しかし、右から左へゴミ箱行きになるようなプレスリリースでは用をなしません。そのためにプレスリリースはそれを取り上げてもらう以前に、まず読んでもらえなければなりません。

悪いプレスリリースに多く見られる傾向として、沢山の要素や事柄を一つの記事に盛り込み過ぎることです。そうなるとその記事の焦点が定まらなくなり、一体全体何をアピールしたいのか分からなくなります。

あくまでもプレスリリースは広告や宣伝ではなく、多くの人に知ってもらいたい自社のニュースをメディアを通じて不特定多数の人に公開してもらうことです。ですから、広告や宣伝に見える文章では記事として取り上げてもらえないでしょう。今は情報過多の時代ですから、何がニュースなのかというアピールポイントをしっかり抑えたプレスリリースでなくてはなりません。

そこでプレスリリースの原則をまとめてみますと、発信者が伝えたい主旨がはっきり分かること、文章が短く簡潔にまとまっていて読みやすいことがあります。いずれにしても記者が読みたくなるプレスリリースを書くことはそう簡単なことではないですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。