エントリーシートの書き方

エントリーシートの書き方のポイントを考えてみましょう。エントリーシートは書く箇所が沢山ありますし、会社によって項目が異なります。

エントリーシートは読み手にどれほど強いインパクトを与えることができるか、さらにはその記述が具体的かどうかが重要になります。なお、面接はエントリーシートを参考にしますから、コピーは必ずとっておき、何を書いたかを忘れないようにしましょう。

最近の質問のパターンは、勿論会社によって大きくことなりますが、就職とは一見関係がないようなものもありますね。例えば、就職活動について俳句を一句とか、カラオケの持ち歌は何ですかなどと言う質問もあるようです。総理大臣にお勧めの本は何でしょうかなどとなると答えに詰まってしまいそうです。

変わったところではA〜Zまでの文字のうちで好きなものを選び、その理由を述べてくださいなどというのもあるそうですが、これには字数の制限がありますから、思考力と集中力のテストのようなものです。

しかし、一番多いのは自己PR、学生時代の経験、志望動機をまともに質問するようですから、これらのパターンを研究しましょう。

なお、エントリーシートは一種のビジネス文書ですから敬語は不要です。また、質問に沿った答えを箇条書きでも構いませんから短く簡潔に書くことです。蛇足ですが、○○○ではないでしょうか、とか○○○だと思いますが、などという自信の無い曖昧な表現は避けるようにすることです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。