遺言の書き方

遺言の書き方には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言がありますが、ここでは自筆証書遺言の書き方を説明しましょう。

遺言を書くためには白い紙とペン、印鑑と封筒を用意します。そして、現在ある不動産や預貯金、国債や株券、貴金属などと、それを誰にどのように相続させるか、もしくは遺贈するかをメモにまとめてみます。

そのメモに沿って、これは誰に相続させるか、などを書くのですが遺言書はペンを使って全て自筆で書きます。ボールペンや鉛筆はもとより、パソコンやワープロや代筆では正式な遺言にはなりませんから注意してください。

書き終わったら日付を記入して、自分の名前を書いて印鑑を押します。この際の印鑑は実印が良いのですが認印でも構いません。

そして、書き終わってから一部分を訂正したい時には全てを書き直すようにしましょう。それは、訂正方法が間違っているとその遺言が無効になることがあるからです。

さらに、こうして書いた自筆証書遺言は出来れば弁護士や行政書士などの専門家に確認してもらうようにしてください。そして、問題がなければ、封筒に入れて封印をします。

次に遺言書の保管ですが、相続人や信頼できる友人、遺言執行者などに預けておくか、自分で保管します。出来れば弁護士などが良いと思います。自分でも忘れてしまうような隠し場所に遺言書を仕舞うと、残された人がそれに気づかないこともあります。

因みに、遺言はいつでも書き直しができて、常に新しい日付の遺言が有効になります。その際には古い遺言は捨てて、最新の遺言にしておきましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188165254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。