エアメールの書き方

封書や絵葉書などでのエアメールの書き方は、エアメールで外国へ手紙や荷物を出す時に書く、宛先と自分の住所や郵便番号、氏名です。

エアメール用の封筒は市販されていますが、これを使う必要はさらさらありません。また、荷物に貼り付ける用紙はどのようなものでも大丈夫です。そして、手書きではなくパソコンなどで書いてプリンターで出力したものを封筒に貼り付けてもかまいません。

エアメールに書く海外の住所の書き方は日本の書き方とは違います。エアメールでは最初に氏名、次に住所、それから郵便番号、最後に国名の順序です。国名は少し大きめの字が良いでしょう。そして、相手が男性であれば、Mr. 奥さんであれば、Mrs. 女性で結婚の有無が不明な場合は、Ms. 未婚女性は、MissでもMs.でも構いません。会社などの場合はMessrs.を相手の会社名の前につけましょう。

それから、差出人のほうは氏名、住所、国名、郵便番号の順序で封筒の左上に書くようにします。つまり封筒の表を見るだけで誰から誰への手紙かが分かるようにします。

なお、海外から日本にエアメールを送る際にはその宛先を日本語で、日本の書き方の順序で書いても構いませんが、国名はJapanと最後に書くようにしましょう。そして、赤色でAir Mailと書きましょう。船便ではないことをはっきりさせるためです。

今どき郵便物を船で送ることはありませんが、大きな荷物などではAir Mailと明記しておいたほうが間違われないので安全です。昔は船で郵便物が運ばれていましたが、今は航空機の時代ですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。