サインの書き方

まず、サインの書き方は、サインは書くのではなく、むしろ描くものだと考えてください。
つまり、サインは一種の図形であり、誰でもが読める文字を書かないものです。

サインは図形を組み合わせて、好きなように自由に描けば良いのです。この時に大切なことはそのサインがあなただけにしか書けないものでなくてはなりません。

ですから、サインは文字ではなくある意味では記号のようなものであるとも考えることができます。

こちろん、文字を崩しても構いませんし、一見ぐしゃぐしゃないたずら書きのようなものでもサインになります。ただし、自分で書いたサインをまた書こうとしたらうまく書けないのでは自分のサインになりません。毎回サインが変わるようではサインとは言えないでしょう。

また、人には個性があるようにサインにも個性を出すようにしましょう。一目でそのサインが誰のものであるかが分かるのが有名人のサインです。

そして、文字的なサインであればそれは日本語である必要はなく、何語でもかまいません。そして、もし器用なひとならサインのそばにちょっとした図形やイラストをつけても良いのです。

そして、場合によってはサインは実印のような役割も果たしますから、海外で使うクレジットカードなどに使うサインは、セキュリティーの面からもむしろ日本語でサインしたほうが真似されにくくて安全でしょう。その場合はひらがなやカタカナのほうが外国人には真似がしにくいようです。そして、パスポートのサインはいつでも書けるようなものにしておいてください。パスポートの署名は判子と同じ意味をもつのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。