目録の書き方

退職や卒業、結婚や開店など人生の節目に記念品はつきものです。このような際にどのような記念品を選んで贈るのかには頭を悩ませます。そして、記念品を選ぶのと同時に難しいのが目録作りです。

目録の書き方はいろいろあります。すなわち、目録には結納のときの結納目録や挙式の前に荷物の引き渡し確認のための荷物目録、お祝いの祝い目録、褒賞の際の贈答目録などです。しかし目録の書き方の基本はどれも同じです。

記念品目録の書き方は縦書きですが、右中央に、目録と書きます。その次に、贈る品名と数量を書きます。それから贈呈する由来を簡潔に書きますが、これは省略しても構いません。そして、贈る日付を書き、贈呈者名を書いて、最後に受領者の宛名を書きます。

上包みの上書きには目録とか、御祝、御礼、粗品、贈、謹呈などと書きますが、最近では上包みに水引やのしをつけ、表書きが印刷してあるものもありますから、それを使いましょう。

これが今までの慣例ですがこの頃ではこのような形式にとらわれず、したがって目録を作らないで記念品を贈呈する場合もあるでしょうし、また外国人に対しては目録は不要でしょう。ただし、記念品を贈られる側の気持ちを考えると記念品目録があったほうが、それが思い出に残りますね。そして、いかに簡略化されたとはいえ、結納などの場ではこの伝統の形式は必ず必要になることを覚えておきましょう。

特に結納目録がないのはその結婚を軽視しているとも受け取られかねませんから、結納の目録は必ず書くようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186571823
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。