退職届の書き方

退職届の書き方では、会社によっては既に退職届の書式が決まっている場合がありますから、そのような場合にはそれにしたがってください。

会社に決まった書式がない場合には自分で書くことになりますが、その際の必要事項は以下の通りです。

退職届には印鑑(朱肉タイプで、スタンプ式ではありませんので注意しましょう)、手書きの場合は便箋で、これは縦書き用の白地でB5サイズ、白い封筒、黒色のサインペンか万年筆が必要です。パソコンの場合でも縦書きにします。

退職届けの書き方は上の中央に、退職届とし、形式的な文章としては、                                   私事この度一身上の都合により、平成○○年○○月○○日をもちまして退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。と書き、退職の理由は書かないようにしましょう。

そして、下の位置に退職届を出す日時、自分の所属部署名、自分の氏名を書いて印鑑を押します。

最後の宛名は会社の代表者宛にします。退職届を提出する上司にではなく、あくまでも宛名は会社の代表者です。

退職届を入れる封筒の表面中央に、退職届と書き、封筒の裏面の左下に所属部署名と名前を書きます。

退職届は一種の形式ですが、目に見えない契約解除の申し出のようなものですから、ドライに割切って、ここに私事や理由、会社への不平不満などは一切書かないことです。あくまでも一身上の都合なのです。そして、印鑑は実印である必要はありません。三文判で十分です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。