挨拶の書き方

挨拶の書き方では一番多いのがビジネスの挨拶文でしょう。上司への挨拶もありますし、部下への挨拶もあります。

お世話になった取引先のクライアントへの挨拶は、栄転や転勤、退職などの際に欠かせないものです。

このような挨拶はビジネス文書と同じようなものですが、ニュアンスは多少異なってきます。退職などの挨拶もありますから、やや感情的なものが挨拶に入るのは致し方ないでしょう。

退職の挨拶文ではそれまでお世話になったクライアント、会社の上司などに挨拶を書くときに何か寂しさも感じるでしょう。

挨拶にはこれ以外にも、引越しや結婚式の後の挨拶や葬儀・喪中・法事の挨拶などもありますが、いずれの挨拶にも欠かすことが出来ないのが季節感を盛り込むことです。

また、挨拶には目上や目下の区別は欠かせませんから注意することと、しかしながら相手には尊称、自分には卑称を用いるようにしましょう。

典型的ですが、季節感は次ぎのようなものです。1月は・初春の候・新春の候など、2月は
・余寒の候・残寒の候など、3月は・早春の候・浅春の候、4月は・桜花の候・陽春の候、
5月は・新緑の候・若葉の候、6月は・立夏の候・向夏の候、7月は・盛夏の候・猛暑の候、
8月は・残暑の候・立秋の候、9月は・初秋の候・秋涼の候、10月は・秋冷の候・紅葉の候、
11月は・晩秋の候・向寒の候、そして12月は・初冬の候・師走の候。
8月は残暑で、9月は秋、1月は寒いのですが春ですから注意しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。