招待状の書き方

招待状の書き方でまず思いつくのは結婚式と披露宴でしょう。招待するのは誰なのか?それには結婚式の費用を誰が出すかもポイントになります。したがって、招待するのは本人かその両親になります。

式への招待か、披露宴への招待か、それとも両方かが 招待状に明記されていないと、招待された方は迷います。結婚式の招待状は披露宴への招待だと思いますから式へ招待されなければ参列しないでしょう。

そして日時が極めて大切です。何年の何月何日で何曜日か、開始時間を忘れずに書かなければなりませんね。
そして、場所がどこなのかも当然書きます。この「場合は会場の正式名称と合わせて愛称あればそれも書き添えて。住所、電話番号やそこへの行き方、地図も添えましょう。

そして、矢張り不可欠なのが出欠の確認ですから、招待した相手が出席か欠席かを知るために、必ず返信用ハガキを同封しなければなりません。これは実際の披露宴での出席人数を決めるためにも欠かせません。

招待状の前文の 頭語は、拝啓または謹啓とします。そして、時候のあいさつ、安否のあいさつを書いてから、主文になります。

主文は、さてとか、このたび、などから本題に入ります。主題では結婚することと相手を招待することを伝えるのですが、日時や場所などの詳細は手紙の終わりにまとめて書きましょう。

そして末文ですが、結びの挨拶や敬具などの結語を書いて、後付けとして、その招待状を出す日付と差出人氏名を書きます。この際の日付は○月○日ではなく、○月吉日とします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185888512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。