のし袋の書き方

のしは正式には、のしあわびと言います。一般的に私たちが、のしという言葉を使う時には、主にのし袋のことです。

のしあわびは祝儀やお祝い事の贈り物などに添えて用いられますが、今ではのし袋やのし紙などに用いられています。

のし袋の書き方では、毛筆や筆ペンを使ってバランス良く丁寧に書きましょう。市販されている祝儀や不祝儀袋には間違った形のものもありますから気を付けてください。

水引の結び方には一度結んだらほどけない、結びきりと、ほどいて何度も結ぶことのできる結び方の蝶結びがあります。結びきりは結婚、お悔やみごとのように二度とくり返してはいけないことに使います。蝶結びは何度くり返しても良い一般的な祝い事に使います。

なお、市販ののし袋を使う場合にはお金を入れた後で折り方を間違えることの無いようにししてください。

慶事では中包みを紙の中央に置いて、左・右の順で折って下側を上側にかぶせます。一方で弔事では中包みを紙の中央に置いて、右・左の順で折ってから上側を下側にかぶせるようにします。

のし袋の書き方は真中から下の中央に自分の名前を丁寧に分かり易く書くようにしましょう。繰り返しますが筆記用具は筆か筆ペンです。あくまでもボールペンや鉛筆、万年筆は使わないようにしてください。

連名での書き方が、目上や役職の高い順に、右から左へ書きますが1つののし袋では3名程度にしましょう。それ以上の場合は、他一同と小さめに書きます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185581702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。