祝儀袋の書き方

最近では祝儀袋の形態も様々で表書きも印刷されている袋も市販されています。しかし、祝儀袋は本来は一字一字心をこめて書くものです。

祝儀袋の書き方での注意点を見てみましょう。まず、使う筆記用具ですが、ボールペンや万年筆、それに薄い墨はNGです。薄い墨文字は仏事の時だけに使用すると憶えておいてください。

祝儀袋の表書きは毛筆や筆ペン、サインペンなどを使用し、濃い墨で楷書体を使って書くようにしましょう。ボールペンや万年筆、薄い墨で書くのは相手に失礼になりますのでくれぐれも注意しましょう。なお、中に入れるお金は新札が良いので、新札を用意してください。
表書き例の例としては、「寿」や「御結婚御祝」、「御祝」などです。なお、印刷されていれば書く必要はありません。

名前を書くときですが、個人名の場合は水引の結び目中央上に上書きをして自分の名前は中央下にフルネームで上書きよりやや小さめの文字で書きます。

連名で書く場合は袋の右側から書きますが、その順序は地位や年齢が上の人から左側に向けて下位の人の順で書きます。なお、このように地位や年齢の関係がない場合は五十音順にして、3名くらいを限度にしましょう。他一同という場合もあります。

なお、祝儀袋はあくまでもお目出度い時に使うものですから、祝儀を手渡す時には感謝の気持や本当におめでとうという心を込めるようにしたいものです。そうですか、結婚するのですかなどと仕方がないからご祝儀を出すような気持では受け取った相手も嬉しくないでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185271327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。