職務経歴の書き方

職務経歴の書き方は基本的にはこれという形式はないようです。しかも履歴書とは違いますから手書きで書く必要はありません。最近は、エクセルやワードなどのビジネスソフトのパソコンスキルを確認するためもあり、パソコンを使用した職務経歴書が一般的になっているようです。

したがって、職務経歴の書き方の基本は、自由な書体でパソコンを使ってきれいに読みやすいレイアウトが良いでしょう。

会社名は(株)や(有)など略さないで、株式会社・有限会社と記入し、何年何月、どの部署の何課に配属で、どのような勤務をしていたかを記します。

そして、例え転職回数が多くでも全て書くことで、それにより面接の際に会話が弾んだりもするでしょう。

ですから、今は学歴よりもむしろ何ができるかが問われるので、アルバイトでも長く勤めていた場合は書きましょう。

そして、大切なことは職務経歴を見る採用側の担当者はじっくりとは読んでくれないということです。大勢の応募者からの履歴書や職務経歴書をきちんと読んでいたのではとても処理しきれないのです。

したがって、ここが職務経歴の書き方のポイントになるのですが、つまりインパクトがあり、斜め読みでも引っかかる特徴が必要になるのです。言い換えれば採用担当者を意識した職務経歴であれば、そこで目が止まるのです。

ですから、だらだらと書いていたのでは読んでもらえないでしょう。箇条書きも程度によりけりですが、簡潔に職歴を示すという点では分があると思います。そして、最後には最大限に自己PRをしてアピールするようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。