香典の書き方

香典の書き方の前に昔のきまりについて見ることにしましょう。昔は人に贈り物をするときには品物は必ず紙を敷いた台にのせて目録をつけるのが決まりでした。

香典もある意味では贈り物なのですが、香典を出す場合の書き方は気になるところですね。
香典袋の書き方は葬儀の形式、宗教の種類によって異なります。香典袋の表書きを書く時に故人の宗派が分からない場合は、御香典または御香奠と言う宗教形態に無関係の言葉を書けば問題はありません。

香典袋は黒白の水引をかけた白い奉書紙が良いのですが、最近では市販の香典袋が使われています。よく御霊前という袋を使いますが、キリスト教のプロテスタントや浄土真宗では認められていませんから注意してください。

仏式お香典の書き方、つまり表書きは、水引きの上中央に御香典、御霊前の表書きを書きます。そして、水引きの下中央に差出人の氏名を表書きよりも少し小さな文字で書きます。そして、表書きは、毛筆書きが基本となっていますが、文字の色は薄い黒(グレイ)にします。黒々とした黒色は使いません。なお、名前はフルネームで記入して、 肩書きは右肩に小さめに書き入れます。

ここで注意したいのは故人の霊に捧げるのが御霊前で、仏の前に供えるのが御仏前、香を供えるのが御香典ということです。

浄土真宗では御仏前を用います。御仏前は四十九日後に使われる表書きですが、浄土真宗では往生即成仏との考えから御霊前という言葉は使いません。

連名の場合は3名くらいで目上から目下の順に右から左へ記入します。4名以上の場合は、代表者名を中央に、その左にやや小さめに「外一同」と書きます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183046334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。