封筒の書き方

私たちは日常生活でもビジネスでも封筒を良く使いますね。封筒は自分用の書類を入れて保管したりするときには、その内容が何なのかを封筒の表に記しておくと後で探す時に便利です。

また、手紙やパンフレットなどを郵送する場合にも封筒を使いますが、ここでの封筒の書き方は封筒の宛名書きを見ることにします。

正直なところ、封筒の宛名書きにこれでなければならないという規定はありませんから、ここで改まって封筒の書き方について改まって考えなくても良さそうですが、時には郵便局泣かせの封筒もあるようです。

封筒で郵送する場合の書き方は基本的には郵便ハガキと同じです。定型封筒でも定形外封筒でも相手の郵便番号は必ず記入するようにしましょう。

縦型の封筒の場合は先方の住所→肩書→氏名(様・御中)の順に右から中央に向かって書きます。

先方の氏名は住所や会社名、所属名よりやや大きめの文字が良いでしょう。そして、全体のバランスを考えた文字の大きさが望ましいでしょう。大きな封筒に小さな文字では読みづらいです。そうかと言って切手を貼る部分が無いほど大きな文字でも困ります。

それから肝心なことですが、誰からの郵便なのかがすぐに先方に分かるように封筒の裏には必ず差出人の郵便番号、住所、氏名を書くことです。これは宛先不明で郵便物が戻される時にも必要になります。

封筒に書く文字の色は通常は黒ですが、場合によっては青色でも構わないでしょう。しかし出来るなら無難な黒で、封筒の大きさにもよりますがボールペンやサインペンで書きます。筆や筆ペンでも構いませんがこれは特別な感じがしないでもありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。