履歴書の書き方

まず、応募する会社の人事担当者は、あなたを全て履歴書だけで判断することを憶えておいてください。

ですから、履歴書はあなたを的確に表現してあなたの持っている良い点や魅力を最大限に引き出す資料でなければならないのです。

また、履歴書に目を通すのにあまり時間をかけませんから、第一印象が全てになります。それには基本的なルールを守りながらも、アピールする点をきちんと強調することです。

さて、履歴書の書き方ですが、日付は、元号か西暦のどちらかに統一します。

氏名はきちんと丁寧に書きましょう。ルビがふりがなの時はひらがなで、フリガナの時はカタカナですから間違えないようにしましょう。そして、住所では番地やアパート名、部屋番号は略さずに正確に記入しましょう。

学歴は一行目の中央に「学歴」と書いて、正式名称で中学校の卒業から記入しますが、高校以上は入学と卒業(もしくは中退)を記入します。大学は在籍していた学部と学科名まで記入します。

学歴のあとに一行あけて、次の行の中央に「職歴」と書き、古い順に記入しますが、会社名は正式名称で略さずにきちんと書くことと、入社・退社の年月を間違えないようにしてください。なお、退社の理由も書き、最後の行の右寄りに「以上」と記入します。

免許や資格は取得した順に正式名称で書きますが、取得予定や勉強している場合も記入するとよいでしょう。

そして、読む人の立場を考えて記入する文字をきれいに、丁寧に書くのは勿論のことです。修正液は使わないで間違った場合は最初から書き直してください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。